<< 全国サムホール公募展【大阪展】に出品します。 | main | 本日から!全国サムホール公募展大阪展 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2015.01.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2014年第28回写生会(嵯峨越畑にて)

    0
      sketch20140913a

      sketch20140913b
      (この記事はnoteにも掲載しております。noteでは投げ銭を受け付けております。もし気に入ったらnoteの方で投げ銭していただけるとありがたいです。
      noteの記事はこちら→ https://note.mu/imyme/n/nb37635df65b7

      本日、2014年第28回写生会を行いました。
      本日は、京都市内では貴重な山里、嵯峨越畑へ行きました。

      愛宕山麓北西側にある、嵯峨越畑・嵯峨樒原の2つの地区は宕陰地区と呼ばれています。ここは日本の原風景ともいえる棚田が約800枚も広がっているそうです。棚田といえば、私は常々造形的にも面白いと思っていました。それが京都市内で見られるというのですから、是非スケッチしたいと思いました。

      ところが、交通の便があまりよくないのです。京都市内からのアクセスが特に不便なので、大抵は亀岡や八木から車で向かうそうです。車を運転できない私にとってはさらに不便で、JR八木駅からのバスは1日3往復しかありません。

      こんなときインターネットは便利です。早速バスの時刻表と付近の地図を印刷し、見どころなども調べたのは言うまでもありません。

      さて、前日に画材をリュックに詰めて、朝7時に自宅を出てJR二条駅へ行き、嵯峨野線でJR八木駅へ行きました。ここから「神吉・原行き」のバスに乗りました。ガラガラかと思っていたら愛宕さんへ登る御一行様が乗ってきて満員になり、8:24にバスは発車しました。そして田んぼの中を通り、川を渡り、池のほとりを走って約35分、宕陰小学校前のバス停で降りました。

      降りてみるときれいなオミナエシがたくさん咲いていました。あたりはリー、リー、と虫たちの大合唱。そして棚田! 一面に広がっていましたが、ちょうど稲刈り寸前の時期で遠くから見ると真っ黄色で、絵に描いて棚田とわかるようなポイントを探すのに苦労しました。高い所に登ったら消耗するし、そもそも森林が多いため見晴らしのよいところが少ないです。結局一面の棚田のほぼ真ん中の道路のそばに座って描き始めました。

      うねるような棚田の曲線を描くのが難しかったです。棚田は黄金色と緑色の縞模様をなしていて、黄金色がすごくきれいだったのでなるべく鮮やかな色にするのも苦労しました。

      2時間弱で描き上げて、お昼は蕎麦が美味しいという「越畑フレンドパークまつばら」へ行きました。そこで相席になった女性から「あ、あんたさっき絵を描いていた人でしょ」と言われ「はい」と答えました。絵を描いている人は私一人だけだったのでよく目立っていたようです。そしておろしそばを頼んで食べました。コシのある美味しい蕎麦でした。

      昼食後また絵を描きに出かけました。実は棚田を描き終えて歩いている途中で、これは立派な家だなと思って、次はこれを描こうと決めていました。

      この家は河原家住宅といって、京都市登録有形文化財に指定されています。主屋は1657年築で、年代が確定する民家としては市内最古の民家だそうです。とにかく沿道を歩いていても、その存在感は際立っていました。

      どの角度から描くか少し迷いましたが、結局主屋と長屋門の屋根が2つ並ぶ構図で描きました。結構木に囲まれている中で、家屋のたたずまいをいかに表現するか苦労しました。絵を描いていると通りがかった人が「おー、これは絵になる家だなー、あっ、絵を描いてはるわ」と言ったので思わず心の中で笑いました。もはや目立ちすぎですね(笑)。

      描き終えて水彩絵の具を乾かすためしばらくそこに座り込んで、片付けて一息ついていると、なんとバスがきて私の前で止まりました。そういえば、フレンドパークから始終点の原までの間は自由乗降区間なので、バスの運転手が私のことをバスを待っている人と思ったのでしょう。慌てて荷物を持ってバスに乗って、あとで鉛筆1本落としたことに気づきました……。

      何はともあれ、秋の花や虫に囲まれて、気分よくスケッチできた1日でした。今日は疲れたので、明日はゆっくり休もうと思います。


      スポンサーサイト

      0

        • 2015.01.01 Thursday
        • -
        • 18:49
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        矢田明子の絵画
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座