<< 年賀状デザイン | main | 2013年第43回写生会 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2015.01.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2013年第42回写生会

    0
      blog20131116a
      blog20131116b
      本日11/16、2013年第42回写生会を行いました。本日は日帰りスケッチ旅行と銘打って、琵琶湖に浮かぶ有人島、沖島へ行ってきました。

      実はもうだいぶ前にある人に「琵琶湖に漁港はないか?」と尋ねたところ「沖島というのがあるが港へ行くバスが1日数本しかない」と言われ、バスが少ないのはつらい、最終のバスに間に合わないと困るなあと思い、今まで行くのをためらっていました。

      しかしさすがにインターネットがあると便利、駅と港を結ぶバスの時刻も、港と島を結ぶ船の時刻もネットで全部わかったので、前日に計画を立て、準備しました。

      そして当日、京都駅から新快速で近江八幡駅へ行き、そこから休暇村行きの最初のバスに乗りました。バスは古い町並みを抜けて田畑の中を走り、堀切港に着いたのでそこで降りました。堀切港は小さな船溜まりみたいなところで、船が出るまで少し時間があったので船の写真を撮るなどして時間をつぶして、10時発の船に乗って沖島へ行きました。

      沖島に着いて船を降りると、その周りが漁港で、たくさんの漁船が並んでいたので、早速座り込んで描き始めました。すると猫がやってきて私の横にくっついて座ってきました。私が驚いて声をあげても動じません。背中をなでることも出来て、なんて人なつっこい猫なんだろうと思いました。でも私はスケッチをしたいので構わず描いている間、猫は私の隣で寝転がったりしていました。でも私がスケッチを終える頃になると猫は離れていきました。多分餌をやらなかったからでしょうね。

      沖島は桜の木が紅葉していて、その他の木も一部色づいていました。漁港の背後の山も一部色づいていたので赤や黄色、緑でにじませて透明水彩で彩色してみました。おかげで白っぽい漁船が中心の絵に彩りを添えることができました(画像上)。

      漁港のスケッチをしたあと昼食をとり、せっかく沖島に来たのだからと少し散策することにしました。漁港からまず藤原不比等が建立したという奥津島神社へ参拝し、楓の木がわずかに紅葉しているのを見届けて、沖島の町並みを通って、かなり立派な校舎の小学校を経由し、厳島神社と呼ばれている弁財天まで行きました。途中美しい砂浜や、たわわに実をつけた柿の木、そしてあちこちに植えられた色とりどりの菊の花、どれも絵にしたいと思い、まだ時間があるし、もう1枚スケッチすることにしました。

      弁財天へ参拝したあとは来た道を戻り、数件の民家と畑のスケッチをすることにしました。緑がいっぱいある田園風景が描きたかったのです。これも透明水彩で描きました。ただもう少し画面に入れる民家を少なくしてその分大きく描くとか、見る角度を変えた方がよかったかなとも思いました。もっとも場所取りが難しいところでしたが。この付近は両側は畑が広がる中に、人が2人くらいやっと通れる細い道しかなかったもので(画像下)。

      スケッチを終えるともう陽がだいぶ傾いていました。港へ戻ってしばしお茶を飲んでベンチに座っていると、16時発の船が来たので乗り込み、沖島をあとにしました。そして船とバスと電車で自宅の最寄り駅まで戻り、近くの定食屋でご飯を食べて帰宅しました。

      朝7時過ぎに出て、帰宅したのが19時過ぎ。1日がかりの日帰り旅行でしたが、沖島は豊かな自然とのどかな人の生活に出会える、いいところでした。交通費がかかるのが難点ですが、また行きたいです。


      スポンサーサイト

      0

        • 2015.01.01 Thursday
        • -
        • 20:11
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << May 2018 >>
        矢田明子の絵画
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座